顧問弁護士とは

会社を運営するにあたって、法律上のトラブルが起きたときのために顧問弁護士を雇い入れるのが一般的です。
弁護士というと、裁判で弁護をしているシーンを思い浮かべる人がほとんどです。
たしかに弁護士というと裁判での弁護が大きな仕事です。
しかし、他にも弁護士として行うことができる仕事がたくさんあります。
また、企業の中でも裁判を起こされたり起こしたりするような機会は多くはありません。
そのため、何かトラブルが起きてから弁護士を雇うのでも十分ではないかと思われることも多くありますし、実際にそうしている企業もたくさんあります。
弁護士費用というのは決して安いものではありません。
弁護を依頼する場合、弁護費用や成功報酬、毎回の相談料といったものが経費として必要です。
顧問弁護士を雇っても、毎月の顧問料だけでは裁判には対応してもらえません。
そして、多くの場合には顧問料では相談時間や面談時間が限られていることが多くあります。

そこで、ここではこのようにとても経費のかかる顧問弁護士を雇うことのメリットや費用の相場、費用を抑えるためのアイデアといった顧問弁護士を雇うにあたって知っておくべき情報について紹介をします。
会社の規模が大きくなければなるほど、月々の顧問料を支払うことも難しくない場合も多いですし、雇い入れるべき場面も増えていきます。
しかし、最近の世の中は法律に縛られている場面も多く小さな企業でも法律トラブルに巻き込まれることも少なくありませんから、事前にその必要性や費用について知っておく必要があるのです。